山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

大人があこがれる大人サウンド

写真
大人があこがれる大人サウンド
ドナルド・フェイゲン
「サンケン・コンドズ」
  発売日:2012/10/17 品番:WPCR-14718 税込:2580円
2012年12月1日

yamashita1212.jpgジャズロック、AORの巨匠、ドナルド・フェイゲンの6年ぶりの最新アルバムです。大御所ゆえ、すでにいろいろなメディアで取り上げられ、いまさら…でもあるのですが、でも、やはり、ものすごく良いですっ!

太く、くぐもるように響く最初の音が鳴り出した時から、もう彼の世界全開。

あの20年前の名盤「ナイトフライ」同様、ジャズもロックもブルースもファンクも、すべての要素を自在に操る、ドナルド・フェイゲンらしい個性的なメロディラインが縦横無尽に滑り出します。複雑なリズムをきざむキーボード、そこにホーンセクションがふわりとかぶり、多重録音のボーカルが絡んで…。音の完成度を求めることで有名なアーティストですので、緻密な計算の上での音作りですが、難易度を感じさせるものではなく、印象としては、非常に軽やか。意表をつくメロディの展開も全体の流れの中にしっくりとはまっています。

曲調としては、80年代の都会的クールを感じさせるもので、最近のヒット曲はみな同じような曲ばかりとか、サビの部分しか印象に残らない…とお嘆きの方には、特にオススメです。

タイトルの「サンケン・コンドス」は、直訳すると「沈んでいるコンドミニアム」で、海底に建つ高層マンションのイラストがジャケットになっています。このタイトルにも代表されるように、彼の曲は歌詞が難解と言われていますが、英語を母国語としない私たちには、深く考えず、さらっと聞いて楽しむ特権があると考えればOK。見開き型ジャケットの楽しさも味わってください。

誰もが大人になる前にいろいろ想像をめぐらせ、憧れを抱いた都会的雰囲気にいざなってくれるドナルド・フェイゲンの大人サウンド。年末の忙しい中、ひととき、彼が作り出す異空間で遊びませんか。

pagetop