山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

その手があったか! 書籍DVD

写真
その手があったか! 書籍DVD
ワーグナー
魅惑のオペラ20
  発売日: 2008/7 品番:SDBO-620 税込:3,990円
2013年3月1日

yamashita1303.jpg今年はワーグナーとヴェルディの生誕200年。オペラの2大作曲家のメモリアル・イヤーということで、ウイーンのオペラハウスを始め、世界各地で特別プログラムの上演が予定されています。日本でも生誕200年祭と銘打って、初心者向けコンサートから、オペラディナー、ワーグナーをテーマにした海外旅行など、さまざまなイベントを開催。なにかとオペラに接する機会が得られそうな1年です。

それでも、オペラに縁がなかった人には、急に敷居が低くなるわけではありませんよね。オペラは、長いし、ストーリーがよくわからないし、音楽だけでなく、文学・演劇などの要素が絡んで奥が深い。気軽にオペラを…と言われても、私自身も腰が引けてしまいます。

初心者向けのオペラDVDはないものかと探していたら、ありました。CDショップではなく、本屋さんに!

小学館の「魅惑のオペラ」は、いわゆる定期配本型のシリーズ本で、日本語字幕付きで全幕収録、解説本付き。DVDを単体で買うより、かなりお得感があります。モーツァルト、ビゼー、プッチーニなど、代表的なオペラを押さえ、シリーズですが、バラで購入できます。

今回は、生誕200年にちなんで、ワーグナーを一例としてチョイスしました。誰もが知っている、婚礼の時に使われるあの楽曲「婚礼の合唱」が入っている「ローエングリン」です。中世の騎士伝説をベースにしており、「理想のローエングリン」といわれたペーター・ホフマンが出演しています。

オペラは音楽が主体なので、どうしてもCDショップで盤を探しがちですが、発想を変えて、本屋でDVDを探すのも楽しい時間が過ごせそう。実際、家具屋さんで、カフェ・ミュージックのCDを売っていたり、コーヒー・ショップでブラジル音楽のCDを売っていたりと、いろいろな融合が進んでいます。

いろんなところで、いろんな音楽メディアを発見できる時代です。

pagetop