山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

わくわくする音の連続

写真
タイトル
横山幸雄
「ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ名曲集」
  発売日: 2006/10/18 品番:SICC-10041 税込:3,045円
2009年12月1日

yamashita12.jpg教育に携わる方にとって、教え子が花開いてくれることは最上の喜びだと思います。

若き盲目の日本人ピアニスト・辻井信行さんが、難関の国際ピアノコンクールで優勝したことは今年のクラシック界の大きなニュースになりましたが、その彼を指導しているのがピアニストの横山幸雄氏。洗練された超絶技巧と呼ばれるテクニックで有名です。

彼に言わせると、教えるということは、演奏という感覚的なものを理屈で説明するために頭をフル回転させる作業だそうで、練習より勉強になるのだそうです。感覚だけだと体調などに惑わされてしまうことも多いけれど、理論だとしっかり脳に刻むことができるのでしょう。

その彼の超絶技巧を楽しむ1枚が、「ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ名曲集」。ヴィルトゥオーゾは卓越した技能を持つ演奏家をさす音楽用語です。軽やかではあるのですが、音の響きには重みがあり、リストやラスマニノフなど、いったいどうやって弾いているの?と思うような音の連続は、単純にわくわくさせてくれます。

最近は、人気華道家とコラボレーションも行うなど、音楽の新しい楽しみ方も模索している彼。何事に対しても積極的な姿勢で、そういう情熱が教え子に受け継がれ、細胞のようになって増殖していくのでしょう。まさに師弟関係の醍醐味です。

同じように、あなたの何気ないような日々の仕事も、きっと情熱は次に受け継がれているはずです。たとえ花咲く瞬間には立ち会えなくても、どこかで努力は報われていることを信じて、今日もがんばりましょ!

pagetop