山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

つまりは、同窓会なんです

写真
つまりは、同窓会なんです
デイヴィッド・フォスター
「ラブ・アゲイン」
  発売日: 2010/9/15 品番:WPCR-13934/5 税込:3,480円
2010年11月1日

yamashita11.jpg今年どころか、時代を代表するアルバムのひとつになりそうなのが、デイヴィッド・フォスターのヒット曲を集めた2枚組アルバム「ラブ・アゲイン」です。

デイヴィッド・フォスターは、80年代からソングライターとして多くの曲を書き、プロデューサーとして多くのアーティストを世に送り出している人。グラミー賞を15回も受賞、彼の名は知らなくとも、ほとんどの人が曲は聴いたことがあるはずです。ポップスだけでなく、カルガリー、アトランタ、ソルトレイクの各オリンピックの公式テーマ曲も彼の作品です。

このアルバムは、彼が一番得意とするラブ・ソングを集めたもので、シカゴの「素直になれなくて」、ホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラブ・ユー」、マイケル・ジャクソンの「アース・ソング」など大ヒット曲がずらり。ほかにも、アース・ウインド&ファイア、アル・ジャロウ、アンドレア・ボチェッリ、ナタリー・コールなど、ざっとアーティスト名を見ただけでもジャンルが多岐に渡っており、聴き応えたっぷりの全34曲です。

現在、世界各地で開催されているコンサートは、ステージ中央のピアノを彼が弾き、その周りでアーティストが歌うというスタイル。自身が育てたアーティストと一緒にひとつのステージを仕上げていく様子は、なんとなく、先生とその先生を囲む教え子の風景に似ています。

プロデューサーは縁の下の力持ち。どれだけ相手の魅力を引き出し、支えてあげられるかです。さしずめ、このアルバムは、彼の教え子たちの同窓会というところ。そう考えると、先生は、生徒の人生のプロデューサー。ステージのスケールも大きい!いい人生をたくさん支えてあげてください。

pagetop