山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

「沿志奏逢 3」

写真
「沿志奏逢 3」
Bank Band
ものごとのキッカケ
  発売日: 2010/6/30 品番:TFCC-86327 税込:3,059円
2011年1月5日

yamashita1101.jpgインパクトの強いジャケットです。

のどかな青空のもと広がる花畑、そこに浮かぶ骸骨、その眼窩に営巣する小鳥。これが象徴するものとは…?

バンク・バンドは、環境保護にとりくむプロジェクトを支援するNPO、エーピー・バンクの活動のひとつ。ミスター・チルドレンの桜井和寿、音楽プロデューサーの小林武史、坂本龍一の3人が資金を拠出しており、バンク・バンド活動以外にも、CD売り上げ、ライブイベントの収益金などを環境保護や環境保全のためのプロジェクトへの融資資金に充てています。オリジナル曲には新潟県中越沖地震の義援金に充てるために作られた楽曲などもあり、実質的な銀行ではないけれど、その由来で、バンク・バンドです。

バンドメンバーは、桜井以外は流動的で、彼が選曲した様々なアーティストのカバーを中心に演奏しています。3枚目のこのアルバムでは、以前ライブでも披露していた小田和正の「緑の街」のほか、若い世代のアーティストに敬意を払うということで、キリンジ、フジファブリック、ゴーイング・アンダー・グラウンドなどの楽曲を収録。全体的にアップテンポの曲が多く、元気が出ます。また、よほど音楽好きでない限り「こんな曲、初めて聴く!」という楽しさが随所にあって、桜井のファンでなくても楽しめる構成です。

このアルバムで、原曲アーティストに興味を持ったり、身近な環境問題について考えてみたり…。ものごとの始まりは、常に何かのキッカケ。このアルバムにも、いろいろな「キッカケ」が眠っています。

2011年も多くのキッカケに恵まれるように…。

ちなみに、このアルバムタイトル「そうしそうあい」と読みます。

pagetop