山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

体感!ビジュアルクラシック

写真
体感!ビジュアルクラシック
ラン・ラン
「ライブ・イン・ウィーン」
  発売日: 2010/8/25 品番:ESBC-1 税込:3,990円
2011年2月1日

ya1102.jpg映画「のだめカンタービレ」の演奏吹き替えで、音楽ファン以外にも、その名を知られている中国出身のピアニスト、ラン・ラン。100人アーティストがいれば100の演奏スタイルがありますが、彼のは独特。同じタイトルでCDもでていますが、とにかくDVDで演奏する姿を見てみて!

悪く言えばオーバーアクション、良く言えば、鍵盤を取り巻く空間のすべてが自分の演奏守備範囲。鍵盤に触れていない休符の時の手の動きや、感情を込めるときに見せる腹話術の人形のような表情、眉の動き、唇の傾きまでが拍を刻み、頭までがガクガクと16分音符を刻む…。カメラワークも上からグルグル撮ったりして、見ているこちらも思わず一緒に身体がガクガクして…(笑)

いわば、彼は演奏スタイルのビジュアル系。音を聴くだけでなく、演奏する姿を見ることで、楽しさが倍増するんです。

日本の年号に直すと昭和58年生まれの彼は、レーザーディスクなど音も画面もきれいな映像で育った世代。彼らは名ピアニストたちのステージを見て、音だけでなく、いかにピアノの前に座りパフォーマンスをするかも含めて「演奏」であり、「個性」であることを、ごく当たり前に身につけてきた世代です。従来のクラシックファンには大げさと言われる動きも、単にピアニストとしての個性の強調に過ぎず、ファンを楽しませるオマケくらいの感覚です。

演奏会は、アーティストと観客が同じホール空間を共有する一体感が魅力ですが、彼のDVDからは、ピアノを共有する一体感も伝わってきます。空中に手を伸ばし、自分もピアノを弾いているかのようなラン・ラン成りきり状態は、やってみると、けっこうストレス発散になりますよ。一人きりのDVD鑑賞タイムに、お試しください。

pagetop