山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

オンリーワンの演奏が楽しいピアノ・デュオ

写真
オンリーワンの演奏が楽しいピアノ・デュオ
レ・フレール
「ピアノ・スパシアル・ライフ」
  発売日: 2011/12/7 品番:UCBY-1004 税込:5,000円
2012年12月6日

yamashita1201.jpg音を聴くだけでなく、演奏している姿を見なくちゃ!という気持ちにさせてくれるアーティストの代表格が、ポップなピアノを聞かせてくれる「レ・フレール」。フランス語で兄弟の意味だそうで、文字通り、兄弟のピアノ・デュオです。

1台のピアノを2人で弾く連弾なのですが、2人並びながら、時には入れ替わりつつお互いの手を交差させるような演奏スタイルを取っていることや、ブギウギ・ピアノを楽しめること、兄弟ならではの阿吽の呼吸を感じ取れることなどから、そのパフォーマンスが楽しめるDVDが絶対にお勧めです。最新のDVDは、新作アルバムを中心にしたツアーのライブで、彼らの地元でもある横須賀で収録されたもの。テンポのいい音と、ちょっと間延びするトークのコンビネーションが絶妙です。

ジャンルとしてはライト・クラシックのコーナーに分類されていますが、弟さんの方が日本でも数少ないブギウギ・ピアニストとしてソロアルバムも出しているので、やはりレ・フレールの魅力のひとつはブギウギ。即興演奏もライブならではです。加えて、ゆったりとしたオリジナル曲も雄大。なんと彼らは、宇宙飛行士の野口聡一さんの2010年のフライトの際に、宇宙の野口さんと地球を結んで「さくらさくら」を演奏しており、そんな体験が、新しい曲作りにも活かされたそうです。

リズミカルで、力強くて、楽しいピアノ連弾というオンリーワンの存在の彼ら。結成当時から、ライフワークとして幼稚園・小学校ライブを行っているので、実際に演奏をご覧になった教職員の方も多いかもしれません。特に、最近は東日本復興支援の一環として、東北の学校ライブも開催しています。

音楽って楽しい!音楽は力をくれる!単純にそう感じさせてくれるレ・フレールの演奏。あなたもピアノを弾いてみたくなりますよ。

pagetop