山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

がんばらなくても、大丈夫!

写真
がんばらなくても、大丈夫!
ダニエル・パウター
「ニュー・エディション」
  発売日: 2006/11/8 品番:WPCR-12496 税込:2,180円
2012年4月2日


yamashita1204.jpg春は始まりの季節。新生活をスタートさせる人はもちろん、大きな節目がない人でも、誰もが、いつもの時期より夢や希望を実感する時です。張り切っている人には、がんばれ!とエールを送りつつ、がんばり過ぎないでね、と肩をたたいてあげることも必要かな?

そこで、この時期に似合いそうなのが、カナダのシンガーソングライター、ダニエル・パウターの曲。なんといっても彼の作品には、歌詞の中にも「それ以上がんばらなくても大丈夫だよ」というメッセージが多く込められています。

代表曲ともいえる「バッド・デイ」はサブタイトルに「ついてない日の応援歌」とあるように、ツライことがあっても、今日がたまたまついていなかっただけ…と、励ましてくれる歌。車のCMにも使われたので、メロディを聴けばピンと来るはずです。アルバム「ニュー・エディション」は、6年前にリリースされた、彼の実質的デビューアルバムで、気持ちを切り替えて前向きに明日をめざそうよ、という気持ちは、ここに集約されている気がします。

七転び八起きの精神にマッチしそうな歌詞、気持ちにすっと溶け込む温かいハスキーボイスは、まさに日本人好み。ソフトなだけでなく、高音域は裏声でカバーしていて、力強さと柔らかさとポップな雰囲気が心地よく調和しています。アップテンポの曲も、しっとりとしたバラードも、印象に残るメロディーラインが魅力です。ちなみに、SMAPも「Cry for the Smile」というタイトルで彼の曲を歌っています。

がんばる、でも楽しむ。がんばらない、でも流されない。もうひとがんばりする、でも無理しない。がんばり過ぎないためには、ここぞという時にちゃんとパワーが出せるように、始めはパワー80%くらいで様子を見るのが良いのだそうです。そして、自分の1日をスケジュール帳や日記に記載して、客観的に見ると効果があるそうです。予防線を張りつつも、がんばるのが楽しい春になりますように!

pagetop