山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

イメージ通りにはいかないぞ!?

写真
「イメージ通りにはいかないぞ!?」
ロード
「「ピュア・ヒロイン」
  発売日: 2014/2/19 品番:UICO-1262 税込:2,365円
2014年5月1日

140501.jpg 誰でも、他人が自分に対して持っているイメージが気になる、自分へのイメージを壊したくない…そんな気持ちがありますよね。
 先日の第56回グラミー賞で、デビューシングル「ロイヤルズ」が史上最年少で「最優秀楽曲賞」に輝いた、ニュージーランドのシンガーソングライター、ロードも、今、そんなお悩みがあるようで…。

ロードはアーティスト名で、現在17歳。デビューから1年も経っていませんが、世界各国のヒットチャートで1位を獲得。特に、全米1位は、ニュージーランドのソロ歌手としては初の快挙で、これまた俄然注目されました。

彼女の特徴は、実年齢よりも上に見える落ち着いた雰囲気です。歌も、ティーンエイジャーにありがちな「私はビッグになるわ」といった自信満々ポップスではなく、「王族(ロイヤルズ)じゃないんだから、その手の贅沢はあり得ない…」とかなりクール。この冷めた視点も人気で、「ロイヤルズ」は、アーティストだけでなく一般人もカバーし、YouTubeでいろいろ公開されています。

貫禄ある(ように見える)パフォーマンス、深みのある歌声で、本当に17歳?といわれ、出生証明書を公開したエピソードもあるほどですが、歌はフレッシュでみずみずしい感じ。「ロイヤルズ」を含むデビューアルバムは、どれもシンプルなメロディを、コード進行やコーラスとのコラボレーションで上手くアレンジしていて、しっかりしたベースラインとほんわりコーラスで独特の浮遊感も漂います。

ただ、現在の彼女は、曲の大ヒットとグラミー受賞で、ハメをはずした贅沢な生活も思いのままの状態。贅沢をチクリと刺す内容の歌で、リッチになってしまいました。が、自分自身は、歌のイメージ通り「私の暮らしは変わらない」としています。

本当の自分って何?という永遠の命題は置いておいて、人間は、他人からのイメージを優先させ、周囲の期待に応えようとしてしまうものなんだそうです。

理由は、他人のイメージを変えさせるには多大な労力が必要で、すでにあるイメージの中に自分の存在価値を見出すほうが簡単だから…。うっ、耳が痛い。

現在のギャップを今後うまく歌に活かしていくはずの彼女、その転換エネルギーを分けてほしいです!

pagetop