山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

こちら、音楽アルバムも、公式です

写真
こちら、音楽アルバムも、公式です
オムニバス
「ワン・ラヴ、ワン・リズム 2014
FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバム」
  発売日: 2014/5/21 品番:SICP-4131 定価:2,376円
2014年7月1日

music140623.jpgCDにまで公式の物があるんだ?と思われるでしょうが、はい、そうなんです、2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会の唯一の公式アルバムです。

オープニングは、開会式でも盛り上がった公式ソング「ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」。ラッパーのピットブルがジェニファー・ロペスとブラジル人歌手のクラウディア・レイチを迎えて、スタジアムの熱気を、そのまま音楽にしたような曲です。そして、閉会式で披露される予定なのは「ダール・ウン・ジェイト(ウィ・ウィル・ファインド・アウェイ)」。こちらは、泣きのギターで有名なカルロス・サンタナが参加しています。今回のコンピレーションは多彩なアーティストが参加していることが最大の魅力で、リッキー・マーティンやセルジオ・メンデスといった豪華アーティスト勢ぞろい、アジア代表として、中島美嘉と加藤ミリヤも参加しています。

そして、アルバムだけにとどまらない企画も展開中! アルバムには、FIFAの公式スポンサーであるコカコーラが大会の時期に合わせて流すCM曲「ワールド・イズ・アワーズ」が収録されているのですが…。ここではブラジル人アーティスト、デヴィッド・コーリーが歌っている楽曲を、世界各国のアーティストが競作で歌おうという企画があるんです。つまりは、最近話題になったアナと雪の女王「レット・イット・ゴー」の各国聴き比べのスタイルです。日本ではナオト・インティライミが歌っていますが、こういうワールドワイドに各国の言語を歌声で楽しむのも、世界大会ならでは!

ほかにも、FIFA関連のオリジナル曲のみならず、聞けば誰でも知っている不朽の名曲「ティコティコ」なども収録されていて、アルバムはお祭りムード全開。しとしとジメジメの梅雨に気分が落ち込みがちな時も、このアルバム1枚で、テンションが上がります。ブック型のジャケットには、ゲームが開催される12都市の写真も掲載されているので、サッカー気分だけでなく、旅行気分も味わえますよ

pagetop