山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

お昼寝のススメ

写真
お昼寝のススメ
ジャック・ジョンソン
「フロム・ヒア・トゥー・ナウ・トゥー・ユー」
  発売日: 2013/9/18 品番:UICU-9077 定価:3,100円+税
2014年7月1日

フロム・ヒア・トゥー・ナウ・トゥー・ユー
風鈴がチリチリ?ン…と鳴ると涼しさを感じますが、あれは実際に気温が低くなるわけではありません。風鈴の音を聞いた脳が、音と涼しさを結びつけるから…ということで、耳から夏を感じましょう!

ジャック・ジョンソンは、サーフミュージックの代表的アーティスト。ハワイ在住で、自らもサーファーです。一昔前は、サーフミュージックというと、ベンチャーズやビーチボーイズのような明るいテケテケ・エレキサウンドが主流でしたが、最近は、彼の曲のように、ゆったりとした優しいアコースティックサウンドが中心。今回のアルバムも全編アコースティックで、ギターとウクレレが重なる、優しい曲ばかりです。

中には、アップテンポの曲や、ロック調に分類される曲もあるのですが、それでも、全体にゆっくりとした時間の流れる不思議なアルバム。いい意味で、どこを切ってもゆったりサウンドの金太郎飴的アルバムです。

その理由は、プロデューサーの存在のよう。ジャック本人は、ああもしたい、こうもしたい、といろいろトライしたらしいのですが、あるポイントになると、「それ、やり過ぎじゃない?」とプロデューサーがストップをかけたとか。ストップをかけられた時にはカチンときたそうですが、そのおかげで、全体的に、優しいスローペースの統一感のあるアルバムができあがったそう。的確な指摘をしてくれる仲間の存在は大切ですね。

そして、そんなゆったりを感じさせるポイントがもうひとつ。どの曲の歌詞も、誰かや何かを否定する言葉がありません。すべて受け入れて、感謝している…、そんな歌詞ばかり。アルバムジャケットも奥さんが撮影したものとかで、どこを切っても安らぎが出てくるアルバムなんです。

こういうアルバムは、夏のお昼寝、くつろぎモードのお供にピッタリ。午後の短い昼寝は記憶力や集中力を高めるということなので、この夏は積極的にお昼寝してみませんか? このアルバムなら、木陰のハンモックで昼寝をしているイメージを脳が結んでくれますよ。

pagetop