山下くに子のこの1枚

写真
元FM横浜アナウンサー。小学館ビッグコミック『CD探検隊』連載中の『山下くに子』がお薦めするバラエティに富んだ名盤の数々をご紹介します!

朝日を浴びよう!

写真
朝日を浴びよう!
ザ・スパンデッツ
スパンコール・サンライズ
  発売日:2015/8/19
レーベル : PCD-93939 価格:2,300円+税
2016年3月1日

やわらかく暖かい陽射しに「春が来た!」と気分が軽くなる方も多いことでしょう。いえ、反対になんとなく気分が重くなるという方も…? いずれにせよ、日照時間が長くなると分泌されるホルモンのせいで、春は気分が変わり、私たちは季節の変化を実感できるんだそうです。そして、その実感が「よし、やるぞ!」と前向きな気分をもたらすそう…。

ならば、もっと気分を高めていきましょう!

咲き乱れる春の花壇のように、明るく華やかで陽気な歌声が溢れているのは、カナダのバンド、ザ・スパンデッツのアルバム「スパンコール・サンライズ」。英語タイトルのシークインとはスパンコールのことです。女性3人のコーラスがメインなので3人グループかと思いきや、編成は10人。トランペットなどのホーンセクションも備えているのが特徴で、ジャズを中心に、ファンク、レゲエ、モータウン風と守備範囲が広い!1曲ごとにジャンルが違う感じです。どの曲も気持ち良くノリとスピード感が抜群で、キュートでダンサブル、そのうえ洗練されていて、気分を高めるには、もってこいのアルバムです。

でも、彼らはけっこう職人気質。「今日は気分が乗らない…」なんてコトはなく、座右の銘は、「Luck favours the prepared」。直訳すれば、「幸運・成功は準備によってもたらさせる」ということで、準備は怠らないそう。またメンバーも仕事の時だけ集まり、それ以外は別行動。ザ・スパンデッツ以外での音楽活動もアリということで、その自由さとストイックさを兼ね備えたところが、バラエティ豊かな音作りに反映されているような気がします。

私も、春のウキウキ気分に流されそうになっても、何事もまずは準備が大切と肝に銘じておかなければ…!

ちなみに春を実感するホルモンが活性化するのは、朝日を浴びたときだそうです。気分が落ち込む人にも、朝の光は有効だとされています。アルバムタイトルのように、キラキラの朝日を浴びて、自分自身を活性化させてくださいね。

pagetop