点鐘 [連載コラム]

写真
点鐘(テンショウ)とは、航海者に30分毎に時を知らせる鐘の音のことです。帆船時代には4時間(八点鍾)単位に当直を組み、大海原へ乗り出しました。 この連載コラムでは、各界を代表する方々が、自由なテーマで時代の点鐘を鳴らします。

官の東京、民の大阪?国鉄と私鉄

2015年04月01日
官の東京、民の大阪?国鉄と私鉄
 
 伊藤宏一(千葉商科大学人間社会学部教授)   2014年12月1日

日本初の私鉄会社は1881年創立の半官半民の日本鉄道で、上野を起点に高崎から青森をめざした。近代初期、私鉄は1884年の阪堺鉄道、1887年の伊予鉄道などと発展していった。他方で、国の鉄道は、1872年新橋?横浜、1874年大阪?神戸、1876年京都?大阪と続き、1889年(明治22)東海道本線新橋?神戸間が全通した。その後1894年の日清戦争直前に広島まで伸び、その秋には日清戦争の広島大本営が設置された。

さて日清戦争後、国は強く出る。1896年の帝国議会で、新橋と上野をつなぎ中央駅を作ることが承認された。日露戦争後の1906年、軍部や旧財閥の後押しもあり、鉄道国有法が成立、これにより17の私鉄が買収され国有化された。

第一次世界大戦が始まる1914年、東京駅が完成した。この駅は帝都の象徴として、皇居に向かう丸の内口が、皇室専用貴賓出入口付で建設された。江戸の中心地だった日本橋方面に向かう八重洲口ができたのは1929年のことで、車両基地の線路と外堀の上に跨線橋を渡してできた粗末なものだった。

この時期は第一次大戦による好景気で、日本経済は重化学工業化の道を歩む。経済の中心は大阪であり、1885年難波?大和川をつないだ阪堺鉄道を皮切りに、1905年三宮?出入橋(西梅田)をつなぐ阪神電気鉄道、1910年梅田?宝塚をつなぐ箕面有馬電気鉄道(阪急)など、私鉄が続々と誕生していった。いずれも大阪市街の曽根崎村に位置する国鉄大阪駅に見向きもせず、大阪の経済と人を念頭にターミナルを作った。小林一三が率いる阪急は、田園都市構想の下、都市サラリーマンとその家庭のために、池田室町や箕面で整然とした住宅ローン付の戸建住宅開発を行い、宝塚では女性のための宝塚歌劇と子どものための遊園地と動物園を作り、梅田にターミナル・デパートを作って近代的な家庭文化とその消費をリードした。

関東大震災から2年後の1925年11月、山手線の環状運転が始まった。その前後の時期には、1922年目黒蒲田電鉄、1923年京王電鉄、1927年東京横浜電鉄と小田原急行鉄道などの私鉄が、山手線の駅に張り付く形で開通していった。しかし大阪では、それぞれの私鉄ターミナルから多元的な鉄道の網の目が自立的に広がっていった。大阪に国鉄の環状線ができるのは、戦後高度経済成長期1961年のことだ。?戦前の「大大阪」には、国家の政治力に対抗する地域経済力があったのだ。

pagetop