点鐘 [連載コラム]

写真
点鐘(テンショウ)とは、航海者に30分毎に時を知らせる鐘の音のことです。帆船時代には4時間(八点鍾)単位に当直を組み、大海原へ乗り出しました。 この連載コラムでは、各界を代表する方々が、自由なテーマで時代の点鐘を鳴らします。

大人になること

2008年04月25日
大人になること
なだ いなだ(作家) 
2008年4月25日

学力などといっているより、学校では、大人になることを教えてもらいたい。それにはまず、教える方が「大人
とは何か」をイメージできなければならない。そういうとなんだか難しいことに思ってしまう人が多い。だが、簡単に考えればいい。「大人」の定義をしような
どと思うから難しくなる。素直に考えるのだ。「アイツはまだ子どもだなあ」ということがあるだろう。そのときに、自分がどんなモノサシを持って、そういう
セリフを口にしたかを考えればいいのだ。例えば、自己中心的な人間と、そうでない人間と見比べれば、後者の方が大人に見えるだろう。あるいは自分が、かつ
ては自己中心的だったが、大分、他人のことを考える余裕が出てきたと思うなら、自分は大人に成ったのだ。人の話を聞けない人間と、人の話に耳を傾けること
ができる人間と、どちらが大人と感じるか。もちろん後者だろう。今のことしか考えられない人間と、先のことまで考えることのできる人間と、どちらが大人
か、もちろん後者だ。

そのように自分に問うてみるがいい。答は簡単に出るはずだ。また、寛容な人間と非寛容な人間と比べたらどうだろう。子どものときに寛容でありえただろうか。

こういう風に、問いかけていけば、大人のイメージが、すでに自分の中にあることが分かるだろう。英語の国では、ジェントルマン(紳士)のイメージだろうか。東洋だったら、君子だろうか。かつては、自分は小人であると意識し、そこから努力し君子を目標に育っていった。

子どもの方が創造性がある。大人になると消えていく傾向がある。しかし、創造性豊かな人間はしばしば型破りであり、社会性に欠けているという問題がある。だが、その人たちを寛容に受け入れるのが、大人の社会でもある。

大人になることは、人を見る目と大いに関係する。ちょっと行き詰ったら首相(本人も大人でないが)の職を放
り出すような人を選んだのは大人とはいえない。学力ばかり考えている大人は、視野が狭い。人間の総体を見られる人間の視野は広い。視野の狭い人間と広い人
間と、どちらが大人か。今の、学力重視の教育改革の提唱者の幼稚な議論を聞いていると、大人になれない大人が増えたなあ、と慨嘆したくなる。つくづくと現
代の子どもの不幸を思う。

pagetop